トヨタ(TOYOTA)のエコカー減税対象車

トヨタ(TOYOTA) ヴォクシーの平均的な値引き額はどの程度か?

トヨタの人気車、ヴォクシーの平均値引き額は、350,000円ほどです。

まあ、人気車ですからこのくらいの値引き額が平均になるのでしょう。

さて、ここでヴォクシーを購入予定の方へ注意点を書いてみたいと思います。
※下取り車がある人が対象となります。

この方法は結果的に支払い総額が少なくなるためのテクニックです。
大きな買い物をする上でとても重要なのでしっかりと読み進めてください。

1.値引き額よりも重要なモノ

これはどういうことかというと、あなたがヴォクシー購入前の商談時に、どのくらいまで値引きが出来るのかを聞いたと思います。そして、担当営業マンはヴォクシーの値引き額を提示したはずです。でも、この値引き額は、あくまで”駆け引き用の値引き額”で、下取り車の価値に応じて上下させていることが普通です。

つまり、もしあなたが現在H10年式のカローラに乗っていたとして、その下取り額が20万円と提示されたとします。このケースでは、20万円は正式なカローラの価値でないことが多く、 ヴォクシーを購入してもらうための交渉材料に過ぎないということです。

つまり自分が下取りするクルマの本来の価値が分からないと損をしてしまうことがあるということです。

2.自分のクルマの下取り価格を確認する方法

ヴォクシーをより安く購入するためには、愛車の本当の価値を知ることが必要だということが分かったと思います。これは、購入先のディーラーでは期待できません。クルマの価値を平等に算出し、より高く買い取ってくれる業者に依頼する必要があります。

今回、あなたが最初に確認すべきポイントは、ガリバーやカーセブンなどの大手クルマ買取専門業者や地域のクルマ屋などの複数の業者と広く提携し、一括で無料査定をしてくれる業者にクルマの下取り額をお願いすることです。

現在は、簡単な情報(氏名、住所などの情報とクルマのグレードや走行距離など)のみを入力をすれば、すぐに複数の買取専門業者から見積もりが届く、オンライン査定があります。


 クルマの下取り額をオンライン査定する


【H10年式のカローラ】
ディーラーでの査定額    ⇒ 20万円
上記サイトでの査定額   ⇒ 40万円

上記は走行距離やクルマの状態によって異なりますのであくまで一例ですが、多くの買取業者によってオークション形式で入札されるので、このような結果になることが普通にあります。
ちなみに、なぜ低年式のクルマを高く買い取ることができるのか?
それは、買取業者の中には海外へ輸出しているところがあるからです。海外では、高い技術でつくられた日本車は品質の高いことで人気なのです。ですから、低年式や多走行車など一般的に古いといわれているクルマでも海外では高く売れるために、思っていたよりもずっと高い金額で買い取ってくれるのです。

そして、査定にかかる費用は無料。
これを利用しないのは損です。

 

クルマの下取り額をオンライン査定する

 

3.ディーラーとの具体的な交渉方法

さて、クルマの下取り額は確認できましたか?
ここまで完了している方は、次に具体的な交渉方法について書いてみたいと思います。

もしまだ下取り額が分からない!という方。
焦らなくても大丈夫ですので、とりあえずこのサイトをブックマークに入れておいてください。

 ブックマークして後日読む

さて、ここからはディーラーとの交渉術編です。

愛車の下取り額が分かったら、ディーラー側に下取り車有りの見積書と下取り車ナシの見積もり書の両方をください!と伝えてください。
つまり、二つの見積もり書があればディーラー側の駆け引き材料となってしまう下取り車に関係なく、当初のヴォクシーの値引き額の範囲で交渉することが可能になります。

(例:下取り車有りの場合)
ヴォクシー車両本体価格 ⇒  210万円
ヴォクシーの値引き額 ⇒     18万円
下取り車 ⇒ 20万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
210−(18+20)=172万円
支払い総額 172万円

(例:下取り車ナシの場合)
ヴォクシー車両本体価格 ⇒  210万円
ヴォクシーの値引き額 ⇒     18万円
下取り車 ⇒ 40万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
210−(18+40)=152万円

支払い総額 152万円

単純に支払い総額で、20万円の差が付いてしまう事になります!

このように愛車の本来の価値を確認しておくという、たった一つのポイントを抑えておく事で、購入金額に大きな差が生じてしまうのです。

大きな買い物ですから、きちんと納得のいく気持ちの良い取引をし、楽しいカーライフを送りましょう!

 愛車のオンライン無料査定はこちらから